FX自動売買は楽して儲けられる?

FXの自動売買は楽をして儲けられるかどうかというと、これはどのようにして行うかによるでしょう。すでに手動の売買で利益を出しているという人がいるのなら、そのトレーディング手法をうまくシステム化することによって楽をして儲けられるでしょう。しかしながら、手動での売買で儲けられていない人が、その手法をシステム化したところで、コンスタントに楽をして負けてしまうという事になってしまうという事は言うまでもないことではないでしょうか。

FXの自動売買というのは、自動で売買をしてくれるために手間がかからないというメリットがあるのです。言い換えれば、自動で売買をしてくれる以外に大したメリットはないと言えるでしょう。このようなことを考えれば、楽になることは確実だと思います。自動での売買という事ですから、画面に張り付いておく必要はないわけですから、楽になるのは確実なのですが、だからといって儲かるとは限らないでしょう。

このようなことを考えれば、楽をして儲けるのはFXの自動売買であっても難しい事だといえるでしょう。しかしながら、大負けしないシステムというのはすぐに構築することができるでしょう。大負けしないというのは、ストップロス注文をしっかり入れておくシステムという事です。ストップロス注文が確実なFXの自動売買はすぐにシステム化できると思いますから、負けにくいシステムを組むことは比較的簡単であるといえるでしょう。

ミラートレーダーのような自動売買システムを利用すれば、プロのシナリオで売買できますから、素人が考えるシステムより間違いなさそうな感じはしますしね。もちろん、大勝ちというのは難しいかもしれませんが、まずは負けないFX投資ができそうです。

FX自動売買システムはオフラインでも機能する?

数年前の大手証券会社のFX参入、増え続ける業者間の競争の激化など、FX業者を取り巻く状況はだんだん厳しさを増しています。そのFX業者がその生き残りをかけて、もてる力をすべてFX自動売買システムの開発にそそぎこんでいます。

一般的にFX自動売買システムと呼ばれているのは、過去のバックテストなどで取引ルールを決定して、その売買シグナルに従って自動的にトレードしていくもののことを言います。さまざまなFX自動売買システムが開発されていますが、FX自動売買システムのバックテストをオフラインで行うということとは別の意味で「FX自動売買システムはオフラインでも機能するのか」「パソコンを切ってしまったら機能しないのでは」という疑問がわいてきます。

そもそも、FX自動売買システムといっても2つのタイプに大別することができるのです。

一つは、自動売買をはじめたらパソコンの電源を付けっぱなしにしておかないといけないタイプのものです。

そして、もう一つがパソコンの電源を切ってしまっても大丈夫なタイプのものなのです。

後者は「サーバ管理型」とも呼ばれています。パソコン本体ではなく、業者のサーバでFX自動売買を行うため、パソコンの電源を切っても24時間やすむことなく稼働しています。チャンスを逃すことなく自動的に売買を行ってくれるのです。システム使用料金はもちろん口座管理手数料なども無料というものも増えていますので、オフラインでも機能するFX自動売買システムを注目してください。

FXシストレを行うのに必要な資金

FXのシストレを行うための資金というのは使い業者によって異なってくるでしょう。業者には色々な業者がありますが、例えば無料で使うことの出きるシステムを持っている業者もあるでしょう。無料で使える業者の場合には、通常のトレーディングをするだけの費用で十分だといえるでしょう。通常のトレーディングをするだけの費用は最低必要になるのですが、仮にレバレッジの設定を25倍とした場合を考えて見ます。

ドル円のレートが1ドル=82円のときに1万通貨のポジションを持とうとすると82万円のポジションを持つ事になります。レバレッジが25倍であれば、32,800円が最低でも必要となってくるのです。このようにして、まず最低の資金としてはレバレッジに相当した証拠金というものが必要となってきます。それ以外の資金はというと、システムを購入する場合にはその代金がかかるでしょう。無料のシステムを利用するのなら、それ以外には不要だといえるでしょう。
ただし余裕を持っておくということは重要です。FXの自動売買をするときに注意しておきたいこととしては、完璧ではないという事なのです。当たり前の事ですが完璧ではありませんから、ストップロスもする事になるでしょう。ストップロスをするためには資金に余裕がなくてはならないでしょう。資金の余裕についてですが、システムによって異なります。1万通貨しか取引しないシステムであればそれほど大きな資金は必要となりませんが、取引枚数が増えれば資金も必要となります。

続きはこちら

FXをアンドロイドでするのにオススメなチャートの種類

アンドロイド端末でFXをする際には、テクニカルチャートの分析をできるようになったほうが良いでしょう。テクニカル指標は、トレンド追随型テクニカル指標とオシレーター系テクニカル指標の2つに大きく分けることができます。トレンド追随型テクニカル指標とは、相場の方向性を示すテクニカル指標であり、移動平均線・パラボリックタイムプライス・カギ足・練行足・ボリンジャーバンド・エンベロープ・新値足・P&Fなどが代表的なトレンド追随型テクニカル指標としてあげられます。このなかで、アンドロイド端末でFXをする際におすすめなトレンド追随型テクニカル指標は、移動平均線とボリンジャーバンドです。この2つのテクニカル指標は、初心者でも分かりやすく、また小さな画面でも比較的見やすくなっていますので、テクニカル分析には取り入れたほうが良いでしょう。
一方のオシレーター系テクニカル指標とは、買われ過ぎや売られ過ぎを示す指標であり、代表的なものとして、モメンタム・ストキャスティクス・サイコロジカルライン・DMI・乖離線・ピボット・MACD・RSI・RCIがあげられます。アンドロイド端末でFXをする際には、ストキャスティクスとMACD、RSIが大変おすすめです。ひと目で買われ過ぎや売られ過ぎを把握することができますので、テクニカル分析には欠かせないチャートといえるでしょう。ただし、これだけにこだわらず、あくまで自分が使いやすいチャートを利用することが大切です。

続きはこちら

アンドロイドFXとパソコンFXの違い

FXというと、パソコンを使って取引をするという方がほとんどではないでしょうか?FXを仕事として取引している人は、パソコンを使用し、モニターを複数台並べてチャートを見ながら取引をしています。やはりモニターは1つではなく、複数台ないとスピーディーな取引は難しいようです。FXは24時間いつでも取引ができるので、チャンスを逃さないよう絶えずチャートを見ていなくてはなりません。しかし、FXを仕事としてではなく趣味のような形で行う場合は、パソコンやモニターをそこまで増やす必要はありません。もっと気軽にFXを行うのであれば、アンドロイドを搭載したスマートフォンを使えば十分です。スマートフォン1台でパソコンを利用した場合と匹敵できるのかと心配する人は少なからずいるでしょうが、心配はいりません。それまでの携帯電話での取引は、画面が小さくチャートが見にくいといった事があり、なかなか浸透してきませんでした。ところが、スマートフォンは画面が大きく、さらにアンドロイドはカスタマイズして使えますので、使用する本人の好みに変えることができます。専用のアプリがダウンロードできるFX業者が増えてきているところをみても、アンドロイドでFXをする人が増えてきている証拠といえるでしょう。アプリは、スマートフォン用にチャートなどの機能が充実していて操作しやすくなっていますので、パソコンと比べても遜色ないくらいに取引ができます。特にFXを仕事としていない人にとっては、気になった時にスマートフォンでちょっと見てみれば簡単に確認することができ、そのまま取引をすることもできます。

続きはこちら

ミラートレーダーが使えるFX口座比較ランキング!

まるで鏡に写したかのようにプロのトレーダーが用いるシステムトレードのシナリオを利用することができるミラートレーダーでならFX初心者もプロ並みのFXシステムトレード!ミラートレーダーが使えるFX口座を集めて人気順にランキング形式で紹介しています。

続きはこちら

このページの上へ